研究概要
1.あいさつ

私は過去20数年間、名古屋大学、気象庁、筑波大学で気象と大気環境に関わる研究・教育・行政に携わってきました.地球環境問題が顕在化するにつれて、人間活動と大気環境の相互作用に興味を持ち始めています.現在2つの大きなテーマで研究を進めています.

1)東アジアにおける砂漠化と黄砂に関する研究:
具体的には、中国のタクラマカン砂漠で黄砂のライダー(レーザーレーダー)観測を日中共同で実施しています.砂漠から舞い上がる黄砂の量を計測し、数値モデルを用いて気候に及ぼす影響を解明しようとするものです.

2)都市の大気環境と局地循環に関する研究:
名古屋都市圏から放出される大気汚染物質、伊勢湾の海陸風、関ヶ原からの寒気流入、南関東の大気環境、三重県熊野の風伝おろしなどに着目しながら研究を進めています.

このほか指導可能な研究領域は、境界層と乱流、スペクトル解析、地表面熱収支、局地循環、気候誌などです.

研究手法としては、気象・大気汚染観測、気象学的解析および数値シミュレーションを用いてます.基礎的な学力としては、小倉義光著「一般気象学 第2版」(東京大学出版会)レベルを想定しています.


2.研究テーマ

当研究室で、指導可能な研究テーマは、次の通りです.


タクラマカン砂漠における黄砂ライダー観測と長距離輸送

タクラマカン砂漠における黄砂ライダー観測と長距離輸送


伊勢湾−濃尾平野系の大気環境

伊勢湾−濃尾平野系の大気環境


環八雲と南関東の大気環境

環八雲と南関東の大気環境


大気境界層、乱流、スペクトル、地表面熱収支など

大気境界層、乱流、スペクトル、地表面熱収支など


Home